職人展「織成の帯」


「織成の帯」


令和2年 7/10(金)〜7/15(水)



正倉院に「織成(しょくせい)」と呼ばれる遺品が唯一残存しております。
※七条織成樹皮色袈裟(しちじょうしょくせいじゅひしょくのけさ)

綴織の一種とも言われますが、他に類を見ない特殊な織物で、現在帯として織る方はお一人のみ。

締めやすい袋名古屋帯(八寸帯)として織り上げられ、お茶席やセミフォーマルでの色無地をはじめ、お召しや紬の着物など幅広くコーディネートが可能な逸品です。

ぜひお近くでご覧くださいませ。


※皆様の安全安心のため、店舗はしばらくの間ご予約制にて営業しております。

お電話やご来店予約フォームにてお知らせくださいませ。

染織 田宮

-せんしょく たみや- 日本橋駅より3分、東京駅より9分。 染織 田宮は予約制にてご相談を承る呉服屋です。 もし、あなたがたくさんの商品や大勢のスタッフの中でお買い物を望まれていましたら、当店は不向きかもしれません。 お一人お一人、ゆったりした時間の中で「着物のシミ抜き」「寸法直し」「着物に合う帯のお見立て」など、ご要望にお応えいたします。 まずは、お電話や予約フォームにてご相談ください。

0コメント

  • 1000 / 1000