店主の独り言


はじめまして、店主の田宮です。

染織 田宮は、予約制にてご相談を承る呉服屋でございます。


お客様の目線では「予約制」は面倒でわずらわしいことかもしれません。

そこで、この予約制に至るまでの経緯を少し。


ーーーーー


私が業界に入った30年程前は、バブルがはじけたとはいえ、大きな展示会場にたくさんの商品が並べられ、着物が良く売れておりました。

当然ビジネスですから販売重視になり、着物のお手入れ(シミ抜きや寸法直しなど)は後回し。

当時は呉服問屋で修業中、経営のことなどわからない身としては

「購入するお客様より、お手入れのお客様の方が、実際着てるんじゃないのかなぁ…」

この思いは、その後も続いておりました。


ゆっくりお手入れを承りたい、これが予約制の理由その①


ーーーーー


「試着したら、何だか買わないといけない雰囲気で…」

「有名な作家さんらしく将来価値が上がるって…」

このページまでたどりつかれた方は、こんな経験または聞いたことがあると思います。

ショッピングとしての衝動買いは否定しませんが、極力無駄のないお買い物が良いと思います。


専門家の意見を聞きながら、冷静にご自身で判断して購入していただきたい、これが予約制の理由その②


ーーーーー


「欲しいのはコートなのに、訪問着と袋帯しかないの?」

「花柄は好きじゃないのに、花柄ばっかり…」


事前にご要望を伺えたら、お互いに時間の無駄がない、これが予約制の理由その③


ーーーーー


呉服に関することは信頼関係が重要です。

当店では20年以上お付き合いいただいているお客様も多数いらっしゃいます。

予約制ではありますが、「何かを購入しなければいけない」わけではありませんので、まず初めは気軽にご相談ください。


ーーーーー


ここで私自身のことも。


呉服に携わって今年で29年になります。

この経験の中で大切にしていることが2つあります。



①「着物姿の重要なポイントは帯」


着物姿を見かけると、なぜだか不思議と帯に目線がいきませんか?

「良い帯を締めていると着物が褒められる」というお話も耳にしますね。

また、舞台衣裳やCM撮影に携わる方達と話していると「イメージを伝える時に大切なのは帯です」とも。

同じ着物でも帯を変えるだけで雰囲気はかなり違ってきます。


着物姿の重要なポイントは帯です。

お手持ちの着物に合わせる帯選びは、当店におまかせください。



②「職人のものづくり」


ファッションの側面から言えば

「素敵」「キレイ」「かわいい」「上品」「カッコイイ」

品物選びはこれで良いのかもしれませんが、そこに「ものづくり」も足してお話ししております。

これは、職人さんの技が継承され仕事が継続して欲しい、という想いから。


〜伝わることで理解が深まり愛着がわく、工芸の用と美を身近に。〜

こう題して全国の職人技を紹介する「職人展」も開催しております。

ぜひお近くでご覧ください。


ーーーーー


お読みいただき誠にありがとうございました。

平たく言えば「着物の悩みを解消する」ことが私の仕事です。

小さな店構えではありますが、作り手とお召しになる方、双方に寄り添って営業しております。

どうぞご贔屓に。