新春 職人展「帯屋捨松」


染織 田宮の職人展


伝わることで理解が深まり愛着がわく、工芸の用と美を身近に。



「帯屋捨松」


令和3年 1/10(日)〜1/14(木)



京都 西陣の織元 帯屋捨松(おびやすてまつ)さんは、工芸帯地一筋150年。


日本には「古典柄」といわれる伝統の柄があり、長い歴史の中で淘汰・洗練され、安心感や落ち着きを感じさせてくれます。

同じように、世界中にそれぞれの国や民族固有の「古典柄」があり、時代の中で新しい芸術や流行と出会うことで、文様の世界は限りなく広がっていきます。


捨松さんは、これら世界中の「古典柄」を図案に取り入れ、独自の世界を作り上げました。


◇ 袋名古屋帯(八寸帯) ◇ 名古屋帯 ◇ 袋帯 ◇


ぜひお近くでご覧ください。


※染織 田宮はご予約制にて営業しております。

大変お手数ですが、お電話やご来店予約フォームにてお知らせくださいませ。

染織 田宮

- せんしょく たみや - 「着物姿の重要なポイントは帯」との考えから帯を中心としたご相談を承っております 11時~18時 ※事前ご予約制 定休日:金・土(臨時休業あり) 染織 田宮は東京 日本橋の呉服屋です ※旧 日本橋 谷屋

0コメント

  • 1000 / 1000