新春 職人展「帯屋捨松」


染織 田宮の職人展


伝わることで理解が深まり愛着がわく、工芸の用と美を身近に。



「帯屋捨松」


令和3年 1/10(日)〜1/14(木)



京都 西陣の織元 帯屋捨松(おびやすてまつ)さんは、工芸帯地一筋150年。


日本には「古典柄」といわれる伝統の柄があり、長い歴史の中で淘汰・洗練され、安心感や落ち着きを感じさせてくれます。

同じように、世界中にそれぞれの国や民族固有の「古典柄」があり、時代の中で新しい芸術や流行と出会うことで、文様の世界は限りなく広がっていきます。


捨松さんは、これら世界中の「古典柄」を図案に取り入れ、独自の世界を作り上げました。


◇ 袋名古屋帯(八寸帯) ◇ 名古屋帯 ◇ 袋帯 ◇


ぜひお近くでご覧ください。


※染織 田宮はご予約制にて営業しております。

大変お手数ですが、お電話やご来店予約フォームにてお知らせくださいませ。

染織 田宮

-せんしょく たみや- 日本橋駅より3分、東京駅より9分。 染織 田宮は予約制にてご相談を承る呉服屋です。 もし、あなたがたくさんの商品や大勢のスタッフの中でお買い物を望まれていましたら、当店は不向きかもしれません。 お一人お一人、ゆったりした時間の中で「着物のシミ抜き」「寸法直し」「着物に合う帯のお見立て」など、ご要望にお応えいたします。 まずは、お電話や予約フォームにてご相談ください。

0コメント

  • 1000 / 1000