職人展「新しい唐織」


染織 田宮の職人展


伝わることで理解が深まり愛着がわく、工芸の用と美を身近に。



「新しい唐織」


令和2年 11/8(日)〜11/12(水)



今回ご紹介する京都 西陣の織元 梅垣織物さんは、唐織特有の立体感を保ちつつ「糸浮き」を軽減させ、「糸を引っ掛けやすい」問題点を解消。

織の組織として、厳密には唐織ではありませんが、使う方目線で作られた優れものです。


この帯は、「新しい唐織」(karaorinouveau・唐織ヌーヴォー)と名付けられました。

訪問着・付け下げ・色無地・お召し・飛び柄の小紋・江戸小紋など、幅広くコーディネートできます。

※写真は袋帯「乱菊」


ぜひお近くでご覧ください。

※染織 田宮はご予約制にて営業しております。

大変お手数ですが、お電話やご来店予約フォームにてお知らせくださいませ。

染織 田宮

-せんしょく たみや- 日本橋駅より3分、東京駅より9分。 染織 田宮は予約制にてご相談を承る呉服屋です。 もし、あなたがたくさんの商品や大勢のスタッフの中でお買い物を望まれていましたら、当店は不向きかもしれません。 お一人お一人、ゆったりした時間の中で「着物のシミ抜き」「寸法直し」「着物に合う帯のお見立て」など、ご要望にお応えいたします。 まずは、お電話や予約フォームにてご相談ください。

0コメント

  • 1000 / 1000