職人展


染織 田宮では「ものづくりの背景」をお伝えすることを大切に考えております。

そこで「職人展」と題し、着物や帯などの染織を中心とした工芸品をご紹介。

伝わることで理解が深まり愛着がわく。
工芸の「用と美」を身近に。



「有職織物」


〜人間国宝を影で支えた職人たち〜


令和2年 10/11(日)〜10/14(水)



鎌倉時代、儀式・官職・行事などの法式や知識を有職(ゆうそく)と呼ぶようになりました。

近代になると、材質・色彩・文様などを公家の法式に適うとされた着装の織物は有職織物と呼ばれ、他の織物と区別されて今日に至っております。


このたび、有職織物の人間国宝を裏方で支えた職人さんとご縁をいただき、染織 田宮オリジナルの帯を製織。

織見本をご覧いただき、色柄や風合いをご確認のうえで一から製作に入る、まさに逸品のものづくり。

高価であるが故に新品をお届けしたい、この想いから実現したサービスです。

実は30年ほど前におこなっていたことですが、今の時流に合っているのではと、再び企画いたしました。


現品販売の作品も含め、ぜひお近くでご覧ください。


※当店はご予約制にて営業しております。

大変お手数ですが、お電話やご来店予約フォームにてお知らせくださいませ。



「織成の帯」


7/10(金)〜7/15(水)



正倉院に「織成(しょくせい)」と呼ばれる遺品が唯一残存しております。
※七条織成樹皮色袈裟(しちじょうしょくせいじゅひしょくのけさ)

綴織の一種とも言われますが、他に類を見ない特殊な織物で、現在帯として織る方はお一人のみ。

締めやすい袋名古屋帯(八寸帯)として織り上げられ、お茶席やセミフォーマルでの色無地をはじめ、お召しや紬の着物など幅広くコーディネートが可能な逸品です。

ぜひお近くでご覧くださいませ。


※皆様の安全安心のため、店舗はしばらくの間ご予約制にて営業しております。

お電話やご来店予約フォームにてお知らせくださいませ。



「洛陽織物」


令和2年 6/12(金)〜6/15(月)



京都 西陣 洛陽織物さんは、4代目が西陣織工業組合の初代理事長を28年間も務められた由緒ある織元。

天保初年(1840年頃)の創始より連綿と受け継がれ、「引箔織」「あぜなみ織」「捩り織」「唐織」など、帯を中心に織技術の豊富さは西陣織元の中でも屈指の存在です。

また、近年少なくなりました夏物の帯や、透け感のある着尺(ちりよけコート向き)なども手掛けています。


【出品予定】
◎袋帯(袷・単衣・夏) ◎名古屋帯 ◎お召し着尺 ◎ちりよけコート など

ぜひご覧くださいませ。


※皆様の安全安心のため、店舗はしばらくの間ご予約制にて営業しております。

お電話やご来店予約フォームにてお知らせくださいませ。



「型染め日傘」


令和2年 3/7(土)〜13(金)



綿素材に型染めをしてUVカット加工、1点1点手仕事で仕上げた日傘をご紹介。

写真も含め10点ほど展示販売予定です。

お手にとってご覧くださいませ。

現品のみとなりますので、お早めに。



「紬のふくはら」


令和2年 3/7(土)〜13(金)



「紬のふくはら」の大島紬はシンプルさが身上です。

帯を邪魔しない。

着る人よりも出しゃばらない。

コーディネイトを邪魔しない。

柄をできるだけ除き、色使いは単色に。

糸は、真綿糸やリング糸の遊びも。

縞に格子、蚊絣、雪輪、麻の葉、亀甲・・・

いわゆる昔からある「織物の柄」が基本です。

だけど、手は抜きません。

それは着る人を引き立てるため、帯を引き立てるため。

そんな大島紬でありたいと私どもは考えます。

※紬のふくはらホームページより


福原さんは、お召しになる方々の声を全国聴いて回り、鹿児島でのものづくりに活かしています。

時には職人さんを説得して時には激論を交わし、こうした中から「お茶席に着られる大島紬」も生まれました。


大島紬らしい?
大島紬らしくない?

ぜひお近くでご覧くださいませ。



「新之助上布」


2/14(金)〜2/18(火)



滋賀 彦根で上布(麻)を織り続ける、大西新之助商店による「新之助上布」の新作を含めた作品発表会。

まだ寒い季節ながら、単衣・夏のお支度をはじめませんか?


薄くしなやかでハリのある麻ちぢみの風合い。

春の単衣から秋の単衣まで着られる、透け感のあまりない綿麻の反物。


いずれも同じものが二つとない一点ものをご用意してお待ちしております。


※当店より、「新作」発表会と一部ご案内しておりましたが、「新作を含めた作品」発表会の誤りです。
訂正してお詫び申し上げます。

従来品と新作、あわせてご覧ください。


【染織 田宮 限定企画】

◇オリジナルなタビとオビ


お好みの新之助上布の生地を選び、足袋や半幅帯に仕立てる、ご自分だけのオリジナルなものづくり。

期間限定の承りですので、興味をお持ちの方は、ご覧になるだけでも、ぜひ!



「まことのすくい」


2/8(土)〜2/12(水)



京都 西陣 まこと織物の創業者 吹上真治氏は織りの「組織」に明るく、昭和30年代初めに、人間国宝 細見華岳氏、自社職人、自身の三人で「まことのすくい」を創り上げました。

すくい織は綴れ織りの技法と同じですが、緯糸(ぬきいと・よこいと)を指の爪や櫛でかき寄せながら織るので、斜めの波形など自在に流して織り上げることができます。

それ故に、作り手の絵心や感性がダイレクトに伝わり、手機(てばた)でしか現せない逸品が生み出されます。


本展では「袋名古屋帯(八寸帯)」を中心に、袋帯や着尺など約30点を展示販売いたします。



新春初売り特別企画

「織悦」


1/11(土)〜1/18(土)

※1/15(水)休業


京都 西陣、帯の名門「織悦(おりえつ)」さんは、創業者の高尾菊次郎氏が心酔した琳派の祖 本阿弥光悦にちなみ、加えて織物を作る悦びを披歴して名付けられました。

こちらの帯の一番の特徴は「締めやすさと締め心地」。

昭和初期に10数件の特許を取得するも、奇をてらわず、いかなる時も使い手に喜ばれる物づくりに徹してこられました。

このたび代表的な本袋帯をはじめ、名古屋帯や着尺など約70点を一堂に展示販売いたします。

※写真は、すべての帯に織り込まれる織悦さんの印です。



「真田紐のお話」

11/16(土)・11/17(日)


「京真田紐師 江南」 15代目 和田伊三男さんが受け継ぐ手織りの真田紐。

真田紐は組紐の一種ではなく、独立した一つの紐種で、作り方も使い方も異なります。

真田紐は、機を使い縦糸と横糸で平たい紐状に織っていくもので、「組む」のではなく「織る」のです。

つまり、世界でも最小に近い織物といえます。

また、組紐がシルクロードから中国を経て日本の宮中に伝来されたものとする書物や記録が残っていることに対し、この真田紐は武士や民間の紐であり、書物や記録を辿ることが難しいといいます。

戦国時代の武将 真田幸村が作りはじめたという話もありますが、さてどうなんでしょう?

そんな真田紐にまつわるお話をじっくり、たっぷり、丁寧にお聞かせいただきます。


◇日時
11/16(土) 14時〜 16時〜
11/17(日) 11時半〜 14時〜
各回 約45分

◇参加費
1000円(当日使える商品券1000円付き)
※当日、店内商品購入のみご利用可能。

◇定員
5名様

◇ご予約
事前ご予約制です

※真田紐の展示販売は11/16〜11/19。

はじめての方も、どうぞお気軽に。


お申込み・お問い合わせは、お電話やご来店予約にてお願いします。

染織 田宮
03-6661-1433
定休日 : 水・木

ご来店予約はこちらから↓


「真田紐のお話」とあわせて

真田紐の展示販売もいたします

11/16〜11/19


帯留の時に使う三分紐や四分紐、ストラップ、花緒とめ、キーホルダー、根付など。


珍しいところでは「真田紐の腰紐」も。

知る人ぞ知るものですが、歌舞伎役者さんが帯の下に使用したりします。

そのほかにも色々ありますので、ぜひご覧ください。



「全国の紬」

10/19(土)〜10/22(火・祝)


紬(つむぎ)と呼ばれる着物は、日本全国、地域に密着したものづくり。

携わる方々は、分業が多いため作家というより職人と呼ぶのが相応しいでしょう。

この職人仕事をご紹介する、当店の「職人展」。

今回は、北は北海道の「厚司織」から南は沖縄の「花織」まで、日本全国の紬を展示販売いたします。

はじめての方もどうぞ気軽にご覧くださいませ。



「一脇の帯締め」

8/17(土)〜8/27(火)



2019.08.17
染織 田宮リニューアルオープンいたします。

オープニングイベントでは、京都 一脇の帯締め「ゆるぎ」を約50色取り揃え。


「ゆるぎ」とは組み方の1つで「冠組(かんむりぐみ)」とも呼ばれ、非常に締めやすいと好評な帯締めです。


そもそも、帯締め選びのポイントは…

①色柄
②締めやすさ
③長さ

だと思うのですが、帯締めの長さって「こんなものかなぁ」と諦めていませんか?

帯締めが短いと、房が脇までこなくて太って見えそう…

逆に長いと、脇に余っちゃう…


帯締めの長さがピッタリだと着姿がより一層ステキになります。

そこで今回、染織 田宮では帯締めをご希望の長さに調整する、特別サービスをご提供。

お一人お一人、1センチ単位で承ります。

【価格】
帯締め代+長さ調整代=18000円(税別)

調整するため約2週間お時間をいただきます。

色数は毎日減っていきますので、お早めに!